トラノコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 野川と私

<<   作成日時 : 2008/05/08 16:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

天気の良かった6日は、2台の「愛車」で恒例のサイクリングをしました。

自宅から自転車で20分程。

「都立 野川公園」があります。

「野川」とは国分寺市を水源とし、小金井市、三鷹市、調布市、狛江市で武蔵野の湧水を集めて流れ、世田谷区で多摩川にそそぐ全長20キロ余りの小河川です。

公園内から湧き出る湧水も、「野川」にキラキラと注がれています。

画像


画像


木陰で食べるおむすびは、なんだかいつもとは一味違います。
画像


小さな野の花もたくさん咲いています。ヽ(^o^)丿

画像


画像



実は、この「野川」。

私にとっては、懐かしの場所でした。


画像


この写真は、私3歳頃のようです。

全身ブルーの母は、今の私よりもずっと若く、父は何故か?懐かしいジャージ姿…。

バックに流れている川は、そう、30年前の「野川」です。

といっても、今回訪れた三鷹市の野川より下流の、調布市の野川。狛江近くかな?と母。

その頃家族で住んでいたつつじヶ丘から、程近い場所だったのだと思います。

そのあとすぐに引っ越したために、当時の前後の記憶は淡いものですが、小川の土手で兄に遊んでもらった記憶は、しっかりと残っています。



春にツクシを探したこと。

兄が「野の草図鑑」を片手に色々な花の名前を教えてくれたこと。

スカンポの茎の皮をむいて食べると、渋くてすっぱかったこと。

出来るだけ太いオオバコの茎をさがして、草相撲をしたこと。

白ツメ草で首輪を作ったこと。

ペンペン草を耳元で鳴らしたこと。

ミミズを掘り出して遊んだこと。

野川に葉っぱを流して追いかけたこと…。




6日。今の「野川」にも、変わることなく、たくさんの子供たちの笑顔がありました。

土と草の香りがしました。(*^_^*)


環境の変化や開発で、様々な影響があるかもしれない。けれども、また次の世代にも、その流れを止めずに、武蔵野の大地を繋いでいって欲しいな…と、願わずにはいられません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしい遊びですね。
小学生の頃は田んぼで放課後暗くなるまで毎日遊びました。
電子機器ゲームなんて無かったし、自然が傍にあったし…
考えたらとても良い時間を過ごしていたんだなあ、と今更ですがPCの前で思います(笑)。

…おにぎり、美味しそう〜。
はーべすと
2008/05/08 22:39
武蔵野の自然が
まだ残っているのですね〜(*^_^*)
私はよく森に秘密基地!なんて
モノを作って友達と遊んだことを
思い出しました。

でも私の住んでる街も徐々に
原っぱや雑木林が減ってきています。
便利さと自然となかなか
折り合いのつかない問題ですが
なんとか子供たちが自分たちだけで
自然と遊べる環境を
残せたらうれしいのですが。。。
ぶちょう
2008/05/09 17:31
はーべすとさん
ありがとうございます。
そうそう、気がつかないうちに暗くなっていて、驚いたりして…。
道端が、遊びでしたよね〜。
ゆうたろう@管理人
2008/05/13 11:49
ぶちょうさま
コメントありがとうございます。
そうですよね〜。
便利さとの折り合い。
常に便利なことを求めながら、やっぱり自然はいいなぁ〜。と欲する自分のエゴを改めて思い知らされます…。
ゆうたろう@管理人
2008/05/13 11:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
野川と私 トラノコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる